<   2014年 11月 ( 35 )   > この月の画像一覧

Sunday 30 November 2014

e0067850_271343.jpg

本日極めて多忙なり。
幕張の仕事のクライアント&スタッフたちとのやり取り。
その仕事の写真の整理。
YとSさん、両家族のの七五三写真のセレクト&アップロード&連絡。
Sさんから写真フレーム届く。(不在通知→再配達)
不動産屋に出向く。
プリンター故障。
撮影の準備。
学生が作品に添えるテキスト確認。
洗濯。
本日極めて多忙なり。

昨日、ふと気になり日めくりカレンダーを見て気付くなり。
お日柄宜しく本日「赤口」。昨日は、大安だったが「赤口」でも午前中は吉で結婚式も可能。
日曜日の「赤口」良かれと思い動いたが又難関が真観の前に立ちはだかった。
救いは、日めくりカレンダーの「房」という文字の意味。
「房」も坊主の意味。もしくは、坊主の住む場所なり。
「房」は、母、房枝の一字なり。
「赤」は真観のフェイバリット・カラー。

トランシーな出来事(Synchronicity)は、
人生の”道しるべ”であり“その先に”光”があると信じる。
[PR]
by helloharuo | 2014-11-30 23:59 | Synchronicity
Saturday 29 November 2014

e0067850_22174023.jpg

e0067850_22183320.jpg

e0067850_22161157.png

e0067850_22154978.png

真観は、禅寺に行かなかった。
中々禅寺に行けない。
仕方ないが禅寺が恋しい。

今日も写真のセレクトをした。
そして終った。それは一つの案件だけだ。

引っ越しを決断する前に確認しなければならない事があった。仕事で忙しかったが茶畑庵から距離も離れていないのでこういう事は早めに確認した方が良いと思った。その確認の為、物件の近くの家に赴いた。ドアのチャイムを鳴らすと最初奥様が出た。そしてこちらの旨を伝えるとご主人が出て来た。そしてそこのご主人と物件を見ながら立ち話を30分ほどした。まあまあの対応をしてくれた。母と同じくらいの年齢と推測。

今日は、日中雨が激しく降った。
夕方になると雨が止んだ。
[PR]
Friday 28 November 2014

e0067850_12482435.jpg

真観は、禅寺に行かなかった。
1日遅れで今週の疲れがドッと出て睡眠が必要だった。

1日、写真のセレクトをする。

抱えてる案件2件、プライベート撮影のセレクト、学校の事、引っ越しの事。真観の頭の中で沢山の事をオーガナイズし、アナライズし、決断し前に進まなければならない。弱腰になる気持ちが時よりやって来るが真観は、今までの経験を振り返りこの多忙な日々を乗り切ろうとしている。その方法としては、坐禅で得た経験はきっと真観を助けるだろうと思う。

体調は問題なし。食欲旺盛。
トラブルなし。
[PR]
Friday 28 November 2014

e0067850_13435671.png

「ベルリン陥落1945」を観た。
第二次世界大戦でのロシア兵とドイツ人女性たちとの実話に基づくストーリー。敗戦国日本にもたくさんのレイプはあった。以前観た日本映画「樺太1945年 夏 氷雪の門」で描かれていた日本人女性は、ロシア兵のレイプを避ける為に青酸カリで集団自決をした。この映画、日本では中々リアリティに触れない描写をしていて興味深かった。真観がもしも戦勝国の兵士だったら敗戦国の女性をレイプするのだろうか?この映画の中のセリフで『戦争は人間の本能だ』と言っていた。恐ろしい事だが頷けるものがあった。人間は愚かだ。
e0067850_13385434.png

e0067850_13384759.png

e0067850_13384198.png

e0067850_13383454.png

e0067850_13401684.png

e0067850_13382054.png

e0067850_13381514.png

[PR]
Thursday 27 November 2014

e0067850_12515132.jpg

e0067850_12503556.jpg

ここ最近のニュースでアメリカのミズーリ州とオハイオ州での黒人に対しての人種差別悲劇を知る。
2日前、真観は、事務所でOさんの質問に答える形で真観の写真のなれ初めの話をした。その時に、真観は、上京当時の自分の事を話した。真観は、1983年2月19日に上京した。そして新宿のタウン誌の仕事に就いた。始めは、営業を担当させられたが後に編集部員になった。真観18歳の時である。その雑誌に真観は、初めて自分のコラムを寄稿した。それは、「JAZZボーカル」についてだった。その場にその雑誌はないので真観は、Oさんにそのコラムの内容を伝える為にビリーホリデーの名前を出した。

今日、市役所に行った時の事だ。
市役所内のでテーブルの上にあった閲覧用の新聞の記事が目に入り真観は読んで写真を撮った。その記事は黒人に対しての人種差別悲劇に伴うビリーホリデーのエピソードだった。ビリーホリデーの代表曲「奇妙な果実」の奇妙とは木に吊るされた黒人の首つり死体の事だと改めて気付いた。

今思うとJAZZでも色々あるわけだが、18歳の真観には、現在の真観と一貫して変わらない日本の風潮への憤りが見える。

真観が尊敬する亡くなった俳優、天本英世(映画二十四の瞳で高峰秀子の夫役、元仮面ライダー/死神博士)は、こう言っている。
『日本人は、上辺だけすくいとって勝手な解釈をつけてはブームを起こす民族である』と。

トランシーな出来事(Synchronicity)は、
人生の”道しるべ”であり“その先に”光”があると信じる。






[PR]
by helloharuo | 2014-11-27 23:59 | Synchronicity
Thursday 27 November 2014

e0067850_016822.jpg

e0067850_0164686.jpg

e0067850_017895.jpg

e0067850_0175784.jpg

e0067850_0194081.jpg

真観は、始発バスに乗るはずだったが寝坊した。
10時半のバスに乗った。
バスは、途中足柄SAに停まった。
富士山は、また雪が広範囲に積もっていた。

バスが、裾野のバス停に着くと真観は、住民票を取りに市役所に行った。
2枚申請し、1枚は、不動産用、もう1枚は、運転免許の本籍書き換え様だった。
真観の本籍は、区画整理の為、数年前新しくなっていた。
市役所でテーブルの上にあった閲覧用の新聞の記事が目に入り真観は読んで写真を撮った。

茶畑庵の戻ると洗濯をし家計簿を書き細々した仕事をした。
そして夕方6時、真観は不動産屋に行った。
店員に契約書の説明を受けた。
真観は、Uさんのアドバイスを参考に慎重に説明を聞いた。
そして契約書を一旦預かり検討する事にした。
それについては何の問題もなかった。

また茶畑庵の戻り、幕張での仕事の連絡を手伝ってもらった3人のカメラマンにした。
Facebookのメッセージ機能であるスレッドは、共有に役に立つ。
3人のカメラマンとFacebookで繋がっているからこそ出来る事。
このメッセージのやり取りは零時まで続いた。

1時過ぎ、真観は、布団に入った。
YouTubeで「正法眼蔵随聞期」を聴きながら。


[PR]
by helloharuo | 2014-11-27 23:58 | ART & MUSIC
Wednesday 26 November 2014

e0067850_062689.jpg

e0067850_0125860.jpg

e0067850_0114965.jpg

e0067850_0122630.jpg

真観は、軽く寝坊をした。
急いで身支度をし、急いで蒲田駅まで行き市ヶ谷駅まで移動した。
重いキャリーバックを引きずりと三脚ケースを肩にかけ、デイパックを背負っていた。
真観は、急いで学校に向かいギリギリセーフでタイムカードを押した。
職員室で昨夜書き上げた「卒業制作進行票」をTAに渡し、自分のクラスの授業を始めた。
今日は、中間審査の結果確認の授業をした。
学生達には、一人一人プレゼンをしてもらった。
各学生に用紙を渡し、作品についてのコメントを書いてもらう。

授業の後、3人の学生とランチを食べながら面談をする。
自分のクラスの学生HとF。そして他のクラスの学生1人。

真観は、「ボランティア面談」を始める。

その後、学校に戻り図書室へ。
Sさんと久しぶりに会った。
Sさんは、真観に昨年同様ボジョレーヌーボのワインをプレゼントしてくれた。
真観は、Sさんとおしゃべりするのが好きだ。というかS さんは、真観の話を聞いてくれる。
Sさんは、学校での真観の「安らぎ」だ。

授業で実施した学生達のコメントが書いた用紙を学校のコピー室で人数分(15人)コピーをしそれを束ね人数分に分けた。この作業は、食堂で行った。

4時半、4人目の面談スタート。場所は、図書室。
この学生は、在日コリアンでそれにまつわる作品を制作している。
6時に終了。少しは、学生の約に立った様だ。

6時半、5人目の面談をスタート。
中伊豆出身の学生は、地元のスナップ写真を撮っていた。
小説から抜粋した文章を添えて「写文集」の形態で作品を制作したいと言った。

7時半過ぎ、6人目の面談スタート。
この学生の作品は、真観気に入っていて、学生は、作品に添える解説文で悩んでいた。
今日は、その解説文についての文章構成を話し合った。

9時、真観は、学校を後にした。
帰り際、TAにコピーした用紙を学生に渡す様に託した。
真観は、新宿駅に向かった。
9時40分のバスに乗ろうとチケットセンターまで行く。
するとバスは、1時間前に出ていた。

真観、やってしまった!キャイ〜ン!

10時、東京駅発の最終バスに乗る事も時間が許さなかった。
途方に暮れたが真観には事務所があったと気付いた。
真観は、水道橋の事務所に行った。

真観は、Uさんに事務所に泊まる旨をメッセージした。
やれやれとここ数日の怒濤の日々を振りかえった。
大変だったが充実感と達成感もあったのでバスの乗り遅れたのは気にはならなかった。

YouTubeで昭和の歌謡曲を聴いた。
そして撃沈。
[PR]
by helloharuo | 2014-11-26 23:59 | AT SCHOOL
Tuesday 25 November 2014

e0067850_23511942.jpg

e0067850_23515746.jpg

e0067850_23524299.jpg

今日は、雨降りだった。
真観は、Uさんと一緒に事務所に行った。
Oさんがいた。
三人でランチを食べた。
Oさんが真観に色々質問をした。
それは真観が写真を始めたきっかけ等の質問だった。
真観は、得意げに自分の事を語り、最後に「ご清聴ありがとうございました」と言った。

真観は、今日も海浜幕張駅に行った。
2時半、真観は、愛ちゃんとクライアントのNさんと合流し昨日と同じ現場に行く。
今日の撮影には、Nさん奥様も来ていた。
子供のモデル役として奥様の妹さんの子供たちが起用されたからだ。
奥様は付き添いで来たのだ。
今日の撮影も昨日と同様の10時過ぎに終った。
愛ちゃんは、いつものように真観のサポートをしてくれた。
愛ちゃんには、感謝している。

真観は、愛ちゃんとタクシーに乗り、海浜幕張駅まで移動。
そして電車に乗り愛ちゃんは、途中の新木場駅で降りた。
真観は、昨日と同じルートで蒲田駅まで移動した。
蒲田駅に着くと真観は、駅前で食べるところを探した。
雨の中、風俗の呼び込みをしている男たちがいた。
その風俗のお店が点在する通りにある中華屋に入りチャーハンを食べた。

雨は降り続いていた。

Uさん宅に着くとUさんは寝ていた。
真観は、シャワーをした。
ふと気付くとニーチェはUさんの部屋から真観を見ていた。
真観は、自分が寝ている部屋に入った。
ここで寝たいがまだ真観には仕事が残っていた。

日曜日に行った中間審査の所見を「卒業制作進行票」に記入しなければならなかった。
9人の学生分で計17作品分の所見を書いた。奇数なのは学生の一人は、2部学生のため。
この作業は、3時まで続いた。
[PR]
Monday 24 November 2014

e0067850_2334182.jpg

e0067850_23353573.jpg

e0067850_23361696.jpg

朝起きてUさんは、朝食を作ってくれた。
猫のニーチェは、まだ迷惑そうな顔をしている。
実際彼にとっては迷惑だ。

真観は、海浜幕張駅に11時に着いた。
アシスタントのYさんと合流。
駅前で腹ごしらえをして撮影の現場までバスで移動。
今日は、大仕事だった。
真観は、この仕事でカメラマンを三人起用した。一人では撮りきれない仕事だった。
愛ちゃん、元生徒のS、そしてSさんの三人。
みんなで手分けして撮影を遂行した。
仕事が終ったのは、10時を過ぎていた。

Sさんは、車で帰り、愛ちゃん、元生徒SそしてアシスタントのYさんと4人で電車で帰る。
駅前のコンビニエンスストアーでビールを買い、駅のホームで乾杯しと電車の中で飲みながらお疲れ会をした。

真観は、東京駅で乗り換えて蒲田駅まで移動した。
今夜もUさん宅泊。
Uさんは、起きていた。真観は、Uさんに今日の仕事の事を話した。
そして軽くまた飲んだ。寝たのは、3時近かった。
Uさんは、夜お酒を飲むと頭が冱えると言った。
[PR]
Sunday 23 November 2014

e0067850_23485140.jpg

e0067850_23474391.jpg

真観は、車に折り畳み自転車を載せてバス停の近くの駐車場に行った。
その次に折り畳み自転車で禅寺に行った。
下り坂なので久しぶりに風を切った。その感覚は新鮮だった。
坐禅会の後、折り畳み自転車で茶畑庵に戻る。
そしてまた折り畳み自転車で駐車場に行き、10時12分のバスに乗った。
上り坂なのでしんどかった。折り畳み自転車の車輪は、小さい。

東京に着くと真観は、先ず事務所に行った。そして荷物を置いて今度は学校に行った。
今日は、第三回中間審査の日だった。
9人の学生の写真の批評をした。

その後、事務所に戻る。
Uさんの他に神奈川の写真学校を卒業して写真を撮っているKさんと元生徒のAがいた。
Kさんは、前にも会った。その時は、真観が持っていたブリティッシュロックのレコードジャケットを見せた。
みんなで事務所に近くの居酒屋に行きくえ鍋を食べる。
その後のカフェもセット。

駅で解散し真観はUさんとUさん宅へ。
シャワーをさせてもらい真観は、Uさんに引っ越しについて相談をし知恵を授かる。
寝たのは、2時近くになっていた。
[PR]
←menuへ