<   2014年 08月 ( 40 )   > この月の画像一覧

Sunday 31 August 2014

e0067850_2125729.png

今村昌平 「黒い雨」1989

8月の終わりにこの映画を観させてもらった。
真観20代の半ばの映画で公開当時話題になっていたが今回初めて観た。
被爆の後遺症を淡々と描いている。
ストーリーに大きな展開はない。
それがまた原爆の恐ろしさを感じた。
原爆投下。それは実験だった。実験に広島長崎は使われた。

主人公のスーちゃんももうこの世にはいない。
戦争反対!
戦争は止めて欲しい!
[PR]
Sunday 31 August 2014

e0067850_219287.jpg

e0067850_219826.jpg

e0067850_2192813.jpg

e0067850_21111128.jpg

e0067850_21114647.jpg

e0067850_21121093.jpg

e0067850_21123248.jpg

e0067850_2118239.jpg

真観は禅寺に行った。今朝はたっぷり3炷坐禅を組んだ。
参禅者、真観を入れて4人。男性のみ。

午前中、2つ目のポートフォリオブックが届いた。
「MIND THE GAP」全88ページの写真をそう入れ替えした。
リフレッシュした。
カバーに英国のPからもらった「MIND THE GAP」のシールを貼ってタイトルとする。

そして「2002年の写真日記」全11巻の保存状態のケアをした。
具体的にはところどころのページで写真と写真がくっつかない様に挟んでいたペーパー(色の統一はなかった)を黒のペーパーにそう入れ替えした。

真観はまるで図書館の学芸員の様だ。
自分の作品のケアは自分でするしかない。

学校で借りたビデオ「川端康成の死」を観る。
ノーベル賞を受賞した4年後に自殺してしまうんだな。
死ぬ前に奇行が目立ったそうだ。

夕方の強い西日が茶畑庵の1階の和室に射し込んだ。
夏の終わりを感じた。
[PR]
by helloharuo | 2014-08-31 21:19 | ZEN
Saturday 30 August 2014
e0067850_21261516.jpg

e0067850_21270100.jpg

e0067850_21275940.jpg

e0067850_21284746.jpg

e0067850_212974.jpg

e0067850_21292439.jpg

e0067850_21294611.jpg

e0067850_21303395.jpg

e0067850_21303458.jpg

e0067850_2133435.jpg

e0067850_21313460.jpg

e0067850_21324620.jpg

e0067850_21323247.jpg

e0067850_21323719.jpg

e0067850_2133019.jpg

真観は禅寺に行った。雨が降っていたので車で行った。
今日は、地元のお祭りの日。雨は朝だけで夕方から夜にかけてのお祭りには問題がなかった。

ポートフォリオブックが届いた。今まで入れていた写真は白縁をカットしていなかったので今回全てカットした。そしてポートフォリオブックは生まれ変わった。このポートフォリオブックには名前がない。営業用に使っていた。レイアウトは当時のまま。「Haruo Matsuya Millennium Book]とでも呼ぼうかな?2000年頃に使っていた。接着剤付合成皮革も届いた。早速「MIND THE GAP」のカバーを貼り直したがダメだった。合成皮革が思ったよりも厚かったことと真観の不器用が祟った。諦めてもう一つポートフォリオブックをヨドバシカメラに注文した。仕方ない。明日届く予定。これで2冊とも生まれ変わるのでよしとする。久しぶりに自分の撮った写真を見直すことになったがいい写真が多かった。真観とペンタックス6x7との相性は良かった。

夕方、地元のお祭りに歩いて行く。昨年も来た。2時間くらい会場となったエリアをぶらぶら歩きながら見物しスナップ写真を撮った。このお祭りは今年で31回目らしい。地元の人たち総出で参加して要るんじゃないかと思うくらい人も多く地元色が強い。それがまたいい。真観はこのお祭りが好きだ。屋台の店も沢山出ていて色々なものを食べた。中でも昨年から気に入っているはんぺん屋さん。この店のはんぺんがとても美味しい。昨年と同じ店が出店を発見した時は嬉しかった。真観はイワシはんぺんを食べた。他にはインディアンカレー屋も出店していてタンドーリチキンやサモサなんかも食べた。連れがいればもっと楽しいとは思うが1人でも十分楽しめた。

真観は、目頭が熱くなっていた。
一生懸命踊っている人たちの姿や家族連れの笑顔。
平和な光景。
真観がまだ実家にいた子供の頃、夏祭りはなかった。(今もないと思うが)
夏祭りっていいね。

広島の土砂災害の義援金を募っていた。
真観は、財布の中のコインを全て募金した。
広島のお好み焼きの屋台も頑張っていた。
被害に遭われた方々、お悔やみを申し上げます。
[PR]
Friday 29 August 2014

e0067850_2141132.jpg

e0067850_2144411.jpg

e0067850_215983.jpg

e0067850_2127194.jpg

e0067850_21274943.jpg

e0067850_21282915.jpg

e0067850_21284388.jpg

e0067850_2129278.jpg

e0067850_21291747.jpg

e0067850_21293280.jpg

e0067850_2130131.jpg

e0067850_21301569.jpg

e0067850_21261314.jpg

真観禅寺へ行く。//少し遅れて朝課から参加。//禅寺の耕ちゃん、今朝もいた (=^・・^=) //額に傷。//喧嘩したか?//ポートフォリオブック1冊はヨドバシカメラに注文。再生不可能の為。//もう1冊は接着剤付合成皮革(赤色)の到着を待つ。//今日は眠くない。//夕刻母より電話。今日は母の日也。//母元気。//同じことを何度も言う。//その兆候多し。//怒らず忍耐し聞く。//是修行也。//1時間18分話す。//母に夕食はとろろごはんだと話すと羨ましがる也。//ランチは天ぷらソバ。//天ぷらは町の天ぷら屋で買う也。//1つ100円以下。//ディナーは、とろろごはん&もやしキムチ&煮豆。//九州の友人Hから久しぶりに電話あり。//彼女長きに渡り統合失調症也。//Hは元気。//九州に行った折は会うと約束。//48分話す。//本日はUさん誕生日也。//夕刻電話する也。//Uさん、おめでとうございます。//借りて来たビデオ観る。//「永井荷風」//断腸亭日乗再確認。//茶畑庵日乗は、即ち真観ライフは荷風の影響も多し。//俗世間から離れて生きる。//OHPシートヘプリント、失敗に終る。//滲んでしまう也。//顔料インクではやはり難しい。//しかし!顔料インクでもプリント出来ると"歌っていた"ではないか。//次回オフィスで再チャレンジ。//キャイ〜ン!!!
[PR]
Thursday 28 August 2014

e0067850_22465828.jpg

e0067850_22471537.jpg

e0067850_2246035.jpg

e0067850_22462270.jpg

e0067850_22464159.jpg

真観は7時に起きた。UさんとUさん宅を出たのは朝の連続ドラマを観た直後。御茶ノ水駅でUさんと別れて新宿駅に向かった。バスの時間までヨドバシカメラで時間を潰した。バスは定刻の10時半に出発したが裾野のバス停にバスが着いたのは1時近かった。真観は、茶畑庵に戻らず駐車場から直接御殿場まで車を走らせた。御殿場の電気量販店に修理の為に預けてあったカメラをピックアップする。修理は結局しなかった。修理料金が無料になるかなと期待したがダメだったからだ。

今年の4月から東京への行き来のバスは別のバス会社で行ける様になりすっかり御殿場は行かなくなった。真観は、いつも使っていた山道を使って帰ることにした。その道には中国人が経営する中華屋があり真観は立ち寄ってランチを食べることにした。この店には夜に来ることが多く、大抵は東京から戻って来てから立ち寄る店だった。この店の中華飯は量もあり美味しい。真観は久しぶりにここの中華飯を食べた。

茶畑庵に戻る。真観は少し昼寝をした。

以前ニューヨークで買い求めたポートフォリオブックが2つあり作品として保管してあるがブックのカバー(合成皮革)が使用年月の為に劣化しボロボロになってしまっている。新調するには結構な金額が掛かってしまい、ちょっとその出費は避けたい。そうだ!カバーを張り替えてみたらどうかとネットで調べて「貼る皮革/接着剤付き合成皮革」という商品を見付けた。真観は少々の不安はあったがこの商品を買うことにした。新調する金額の1/4で済むからだ。それにDIYをチャレンジしてみたい。

11時、真観は布団に入った。
Uさんからもらった新書「愛と暴力の戦後とその後」を少し読んだ。
[PR]
by helloharuo | 2014-08-28 23:59 | ECOLOGY
Wednesday 27 August 2014

e0067850_22282611.jpg

e0067850_22281219.jpg

e0067850_22294094.jpg

e0067850_22295232.jpg

e0067850_22301343.jpg

e0067850_22302988.jpg

e0067850_22324745.jpg

e0067850_2233471.jpg

e0067850_22344593.jpg

e0067850_22264799.jpg

真観は、禅寺には行かず東京に行く身支度を始めた。今日は、夏休み明けの授業があった。6時14分発のバスに乗って東京に向かったがバスが東京に入ると渋滞をしていた。通常なら8時には東京駅に着くのだが8時半になっても首都高をバスは走っていた。終点の東京駅の一つ前の霞ヶ関バス停で降りた真観は霞ヶ関駅に移動した。しかしこれは宜しくなった。入ったメトロの入り口から丸ノ内線に移動するのに結構な長さを歩いた。丸ノ内線に乗りそして大手町駅で降りてまた半蔵門線まで移動に時間が掛かりやっと半蔵門駅に着いたのが9時過ぎ。学校のタイムカードを打ったのは9時過ぎでギリギリだった。もう霞ヶ関駅を利用するのは止めようと思った。授業に出席した学生は若干少なかった。夏休み明け仕方ないかと思った。学生達は夏休みの課題としてZINEを提出してくれた。真観は1ヶ月前から髭を生やす様になった。髭は年齢の割には白髪が多く生えている。真観はその生え方を気に入っていた。学生達の反応は?まあそれなりに、悪くはなかった。彼らにとってはどうでも良いとは思うが・・・。タバコも1ヶ月前から止めた。禁煙したことは学生達に伝えなかったがその方が喜ばれると思う。タバコの匂いを嫌う学生は多い。誰も文句は言わないのだが・・・。

授業が終ると図書室のSさんを訪ねた。借りていたビデオを返し、夏休み休み明けの図書室の状況を確認。真観はまたZINEを展示を図書室で展開したいがまだ様子を見る方が良さそうとSさんと話した。そして真観は新たにビデオを借りた。今回は、川端康成、小林一茶、永井荷風の特集番組のビデオ。図書室を出た後は学生のMと個人面談をした。Mは自分のことを話している内に涙ぐんだ。真観は、ただ見守るしかなかった。これが西洋の場合だったらハグしてあげることは自然なのだろうか?真観はハグでも何でもして上げたかった。でも日本は"そういうこと"をすると誤解をしうわさをする。

学生のMと一緒に学校を出て市ヶ谷駅まで。駅でMと別れて真観はオフィスに行こうと思ったがUさんと電話で話し、少し遅らせることになり新宿に向かった。ヨドバシカメラで旅先で活躍したローライフレックスで撮ったフィルムの現像出しをして、いくつか気になる商品を物色した。

夕刻オフィスに移動。真観がオフィスに着くとUさんはまだ戻っていなかった。しばらくしてUさんが戻って来て久しぶりに再会。今月の始めUさんが耳の手術で入院していたのでお見舞いに行った時以来だった。Uさんは元気だった。手術した耳の具合はまだまだ完治していない様子。お互いのことを報告し合いながらおしゃべりを楽しんでいるとあっという間に8時近くになった。今日は、真観の元学生であるAがオフィスに訪ねて来るというので待っていた。Aが来た。2年振りの再会。真観はスーツケースから「出会いのカメラマン」の写真を取り出しAに渡した。それはAがギャラリーで写真展をした時のスナップ写真だった。3人でぽっちゃり中華で食事をすることに。Aの最近のことを聞かせてもらったがAもまだまだ若い。人生色々あるさと励ました。真観の話を聞いてもらう、という感じではなかった。まあUさんと一緒にAを見守る感じだ。食事の後はいつもの様にカフェに行く。カフェで話している時にAは自分の父親が韓国でペンション経営を始めたことを話してくれた。そしてそのペンションのウェブサイトを見せてくれたが真観はビックリした。それはそのペンションの規模と各部屋の内装の派手さだった。Aの親御さんは55歳になるというが人生の成功者の様に思えた。(人生の成功者が何であるかの定義は難しいが・・・)どんな人物なのか会ってみたいなと真観は思った。Aは、3人で会っている写真をFacebookにUPした。真観はやはり1ヶ月前まらFacebookはお休みしている。Aは、写真と一緒にテキストを添えようとしていたので真観は『アナキストの夜会 in 四川省』はどうかと提案してそうなった。真観はAにアナキストの意味を説明した。

真観は、10時のバスに乗って静岡に帰るつもりだったがAがオフィスに訪ねて来ることを聞いた時点で諦めていた。人と会って一通りおしゃべりする時間は3〜4時間は必要だと最近真観は感じている。そしてUさんにまたUさん宅に泊まらせてもらえないかとお願いしていた。11時にお開きになりA と別れ、Uさんと蒲田駅まで移動。Uさん宅に着いてから軽く飲みながらおしゃべりを続けた。おしゃべりの内容は近代史が中心。深夜2時に就寝となった。

茶畑庵では眠い眠いと言ったのに今日はどうだ?朝から動きっぱなしでこんな遅くまで活動。もちろん寝ていない。やっぱり環境のせいだな、と真観は思った。
[PR]
by helloharuo | 2014-08-27 23:59 | AT SCHOOL
Tuesday 26 August 2014

e0067850_2243271.jpg

真観は禅寺には行かなかった。坐禅会は禅寺の都合でお休み。真観は、9時少し前に起きた。そして茶畑庵で坐禅を1炷始めた。外は、どんより雲。散歩はどのタイミングで行くか日中考えていたが結局豪雨となり諦めた。相変わらず寝たり起きたりを繰り返している。何故こうも眠いのだろうか?不思議でならない。散歩以外に体を動かす何かをした方がいいのかと案ずる。それとも他の原因か?

友人とメッセージのやり取りをする。友人は福祉関係の仕事をしているがその施設からある老人がいなくなり職員総出で探したらしい。それは大騒ぎだ。そして1時間ほど経ってからその老人はこっそり施設に戻っていた。その老人は女子職員にキスをさせてくれとせがんだそうでそれを注意すると今回の有様になった模様。その老人は女子職員のことが好きだったのか?好きなのは構わないと思う。いきなりキスをするよりお伺いしたのであれば宜しい。何故施設からいなくなったのか?キスのことが周囲にバレて?キスが出来なくて?恥ずかしくなって?う〜ん。真相はいかに?と勝手に想像してしまったががその老人に振り回された友人はたまったもんじゃないな。老人は認知症なのだろうか?
エロじじい予備軍の真観としてはこの話人ごとではない。もっと暴走しそうだ。

坐禅をして精進しなさい。
[PR]
by helloharuo | 2014-08-26 22:25 | ZEN
Monday 26 August 2014

e0067850_18302682.jpg

e0067850_18312026.jpg

真観は禅寺に行った。
今日の参禅者は真観と老人1人。

疲れは次第に取れて来た。
旅から帰って4日目。
少しずつ日記を書いている。
詳細に書くと時間が掛かる。

兄から貰ったアメニティセットを浴室で使うことにする。
このセットは実家の浴室で長い間使っている。
少し疑問が湧いたのでこのセットについて兄に尋ねると以前働いていた職場で使っていたセットの払い下げだと知る。兄は予備にこのセットを持っていたので今回の帰省時に頂いて来た。

茶畑庵は湿気が強くちょっと放っておくとすぐにカビる。
帽子もこうやって時々ケアをする。
カビは動いていれば湿気が強くても繁殖しない。
[PR]
by helloharuo | 2014-08-25 18:32 | HEALTH&FOOD
Sunday 24 August 2014

e0067850_18265154.jpg

e0067850_18274763.jpg

e0067850_18272627.jpg

e0067850_22442554.jpg

真観は禅寺に行った。車で行った。その理由は2炷目が終ったら3炷目を諦め早々に茶畑庵に戻る必要があったからだ。今日は8時から地域の公民館周りの清掃の日だった。旅の間、先週の日曜日にも地域の掃除があった。真観は欠席をしたのでペナルティを1.500円組長さんに払った。1.500円は高い!

清掃は約1時間で終了。清掃そのものは嫌いではない真観。
しっかり汗をかいて「作務」をした。
今日は、散歩をしなかったが作務を散歩代わりにした。

溜まった日記を書き始めている。
旅の間、メモを取っていたのは良かった。
しかし旅の後半のメモはない。
それでも「helloharuo tour 2014」の旅日記はしっかり書こうと思う。
感じたことがたくさんあった旅だった。

一日中、寝たり起きたりの繰り返し。
矢鱈眠い。疲れている証拠也。
[PR]
Saturday 23 August 2014

e0067850_20561493.jpg

e0067850_20572091.jpg

真観は禅寺へ行った。少し遅れて行った。今朝は週末なので3炷坐禅を組んだ。老夫婦は居ず、いつもの老人、新人の男性、週末だけ参禅する男性。参禅者は真観を入れて4人。2炷目は提唱。

『一般の俗世間から離れる、これ坐禅に必要な環境也』
『自分の思いとは関係なしに物事は流れて行く。これ「無常」也』

新しいことをいくつか知る。

坐禅部屋で使っている座布団はかなり大きい。以前ネットで同サイズの座布団を探してみたが見付からなかった。当然それは特注品だと思うのだがご住職の話ではサイズも然ることながら肉厚にも意味があった。修行僧は通常正方形の座布団を3枚縦に繋げた座布団を与えられその座布団を坐禅する時は二つ折りにして坐禅用に使い、寝る時は広げて使う。だから坐禅用に座布団は肉厚を加えていると言うのだ。「坐って半畳、寝て1畳」とは正にこのことを意味していた。「起きて半畳、寝て1畳」と同類の意味になるが確かに修行僧にとっては理に叶っていて応量器の使い方とも同じ考えになる。

坐禅部屋の中央には木彫りの仏像があるがこの仏像は「文殊菩薩」だと今朝知った。いつもこの仏像には頭を下げているが「文殊菩薩」だとは知らなかった。そして「文殊菩薩」は曹洞宗の寺に必ずあるという。こんなことも知らなかった。でも今朝知った。

「明けの明星」釈迦が悟ったとされる日が12月8日だとは知らなかった。真珠湾攻撃の日、ジョン・レノンが亡くなった日だということは知っていたが。「明けの明星」この言葉は今回の旅に少々関係ある言葉でプチシンクロを感じる。

今日の日中も殆ど寝て過ごした。
夕方になると回復の兆しを感じた。

坐禅会が終った後、一人の参禅者から頼み事があると言われて何だろうと話を聞くと選挙の話だった。曹洞宗の開祖、道元は政治事から離れる意味もあり福井に永平寺を建立した。逆に栄西の臨済宗は鎌倉幕府に保護された。真観は、今朝の提唱で学んだ坐禅に必要な環境「俗世間から離れる」を思い出した。後味が宜しくない坐禅会になってしまった。

「俗世間から離れたい」と真観は思った。
[PR]
by helloharuo | 2014-08-23 21:32 | ZEN
←menuへ