<   2014年 06月 ( 40 )   > この月の画像一覧

Monday 30 June 2014

e0067850_052310.png

(画像をクリック)

真観は、禅寺に行けなかった。昨夜遅くまで起きていたからだ。
8時に起きた。

朝からiWebが起動しないことについて色々調べてみたが埒が明かない。iWebはもう3年前からサービスは終了している。諦めた。仮に解決したとしても次のOSになったらまた問題が起きるだろう。諦めた。

Tumblrを活用しようと決めた。今日は1日タンブラーのテーマを探して試してページを構築した。メインのタンブラーページを作りそのページにすべてのページ(情報)を入れることにした。タンブラーは無料だ。

無料といえば、坐禅会も無料だ。
市の健康管理も無料だ。
無料の恩恵に感謝しよう。

タンブラーでウェブサイトを運営することになるとレンタルサーバーとドメインの年会費は払う必要がなくなる。両方合わせて年間約7.000円払っている。2002年からのことだ。

世の中の無料をもっと活用しよう。
今日も1日パソコンの前に座って格闘したが昨日と比べて達成感と希望が見えた。
[PR]
by helloharuo | 2014-06-30 23:59 | helloharuo
Sunday 29 June 2014


[PR]
Sunday 29 June 2014


[PR]
Sunday 29 June 2014

e0067850_23464218.jpg

真観は、禅寺に行った。
今日の参禅者はいつもの老夫婦は来なかった。

「母の日」なので母に電話して1時間12分話した。
母は元気だった。日蓮宗と曹洞宗の違いについて話した。
真観もこの2つの宗派の違いを実体験によって理解し始めた。

iWebで制作したウェブサイトをUP出来ずに何回もトライしたがどうにもダメだった。レンタルサーバーにメールで原因を問い合わせても3時間以上遅れて返信が来るがその内容では解決出来ない。寝る前にやっとUPが出来たと思ったら今度はiWebが起動しなくなった。こんなことを1日も費やすのはもうゴメンだ。疲れた。
[PR]
by helloharuo | 2014-06-29 23:57 | MY MOTHER
Saturday 28 June 2014

e0067850_1024146.jpg

e0067850_10242574.jpg

e0067850_10244528.jpg

真観は禅寺に行った。
今日は、3炷の坐禅会+提唱。

すべては自分の思いとは関係なしにある。
ただ、そうだった。
いいも悪いもない。


真観はようやく仏の教えを理解し始めている。

宇宙から地球を見ている様に坐っている自分を見る。

この体は自分の思い通りにならない。
取り扱う人がいなければいい。


坐禅会が終ると耕ちゃんを探した。
耕ちゃんはいた。


最近Uさんから譲り受けたiPhone4sを使っている。
iPhone4から鞍替えして何が良くなったからというと
マップのナビゲーション機能だ。
音声も出てくれるので車のナビに重宝している。
(ただ少しおバカなナビもする)

洗濯機から水がもれる様になった。
今使っている洗濯機は元々中古で購入して今まで約17年間使っている。
水漏れの原因は排水口の根元を締め付けるリングの弱さに原因があると思いホームセンターで補修部品を購入して試してみたが効果がなかった。よくよくチェックしてみるとホースに亀裂が入っていてそこからもれた様だ。もう一度近くのホームセンターに行ってホースそのものを購入し取り替えてみると完璧に治った。

洗面器の給水パイプの根元から水漏れがしていて何度もチェックしても原因が分らず取りあえずパッキングを交換してみた。一時的には水漏れはなくなったが時間が経つとじわじわと水漏れして来た。これは給水パイプ自体を交換しなければならない様だ。

自身のウェブサイトで以前のものが未だに公開されていたと気付く。その理由を突き止めるためにあれこれレンタルサーバーの管理ページを操作してみた。やっと理由が分りその以前のウェブサイトは削除出来たが今使っているウェブサイトが未表示になってしまった。この件は、明日にリトライ。
e0067850_2345564.jpg

e0067850_2345249.jpg

e0067850_23453976.jpg

[PR]
by helloharuo | 2014-06-28 23:59 | ZEN
Friday 27 June 2014

e0067850_8433542.jpg

真観は禅寺に行った。
月曜日から昨日まで禅寺の都合で坐禅会はお休みだった。
耕ちゃんがいた。
その耕ちゃんの写真をFacebookにUPした。
Facebookには耕ちゃんファンがいる。
真観も耕ちゃんファンだ。

作品撮りしてまだ纏めていない写真の整理を始めた。
1ブックに纏めようか各々に纏めようか思案している。
[PR]
by helloharuo | 2014-06-27 23:59 | PHOTOGRAPH
Thursday 26 June 2014

e0067850_21393171.jpg

e0067850_21395329.jpg

ヤジの内容に誤りあり。
どっちもどっちの茶番劇。
ふざけた売名行為だ。
泣く暇あったらその場で抗議してほしい。



[PR]
by helloharuo | 2014-06-26 23:40 | COLUMN
Wednesday 25 June 2014

e0067850_10364372.jpg

e0067850_10365797.jpg

今日も坐禅会は禅寺の都合でお休み。
8時に起きた。

重い腰を上げて以前撮った写真を纏めることにした。
今日は、その写真のセレクトに1日費やした。
モデルは計7人。
撮影時に撮ったデータを軽くして1人600枚近くある写真のセレクト。
そのセレクトした写真をプリントアウトしてブックの構成を考える。
モデルは自分がチョイスしたモデルではないのでグッと来る熱い気持ちが低い。
しかし「物体」として見るとはかなり面白い。
なんとも奇妙なフォルムをしている。

網戸をしていてもどこからともなく蚊が室内に侵入して来る。
殺虫剤を買ってもいいがそう言えば蚊取り線香が残っているなと気付き煙を焚く。
蚊取り線香は"夏の匂い"を裏切らない。
[PR]
Wednesday 25 June 2014


たまたまYouTubeで見付け観てみた。(その内削除されてしまうと思う)
この映画が制作されていることを知らなかった。
どうしても「東京物語」と比較してしまう。
リメイクだとしても家族の人間関係は昔も今も同じ様で現代でも通じるストーリー。
2.5時間と長いが楽しめて観れた。
[PR]
Tuesday 24 JUne 2014


戦前の女性でも愛の表現は強かったんだなと思わせる映画だった。
男女の間に対しておせっかいも強引さがあるが今となっては貴重な存在。
映画「淑女は何を忘れたか」の女優がまたこの映画でも登場していていい役を演じている。
彼女はモダンガールの典型的なルックス。とてもクールでカッコいい。
当時は相当の貧富の差があったはずだ。
この映画は金持ちのお話だが貧村では娘を売り飛ばす時代から考えればずいぶんご気楽な恋愛話。
でもその分、ファッション、社交場、車と当時の様子が垣間見れるのは貴重で勉強になる。

この映画監督の島津保次郎のWikipediaをチェックするとなるほどなと思わせるエピソードがあった。こういうのは今も根強く残っている。

以下、Wikipediaより。
名監督として知られる島津も、助監督時代は旧態依然とした撮影所で苦労をした。あるロケーションで、監督が「生きのいいチューリップの花束が必要だ」と言い出し、島津助監督は御殿場から小田原まで汽車に乗って花を買いに出かけた。撮影は朝7時から始まるので、まだ暗いうちから出かけなければ間に合わなかったが、買った花は午後には萎れてしまい、翌日もまた早起きして行かなければならなかった。ところが監督は意地悪く、午前中には花の出るカットを撮影せず、毎日毎日およそ十日ほどこの早起きが続いた。最後の日に監督が「もう花のくだりはやめた」と言ったので、島津はガッカリし、生涯その監督にはつかぬ決心をしたという。トーキー時代に入るまで、無声時代の活動写真の現場では助監督の身分はどこもこのようなものだった[1]。
[PR]
←menuへ