カテゴリ:ART & MUSIC( 74 )

Thursday 27 November 2014

e0067850_016822.jpg

e0067850_0164686.jpg

e0067850_017895.jpg

e0067850_0175784.jpg

e0067850_0194081.jpg

真観は、始発バスに乗るはずだったが寝坊した。
10時半のバスに乗った。
バスは、途中足柄SAに停まった。
富士山は、また雪が広範囲に積もっていた。

バスが、裾野のバス停に着くと真観は、住民票を取りに市役所に行った。
2枚申請し、1枚は、不動産用、もう1枚は、運転免許の本籍書き換え様だった。
真観の本籍は、区画整理の為、数年前新しくなっていた。
市役所でテーブルの上にあった閲覧用の新聞の記事が目に入り真観は読んで写真を撮った。

茶畑庵の戻ると洗濯をし家計簿を書き細々した仕事をした。
そして夕方6時、真観は不動産屋に行った。
店員に契約書の説明を受けた。
真観は、Uさんのアドバイスを参考に慎重に説明を聞いた。
そして契約書を一旦預かり検討する事にした。
それについては何の問題もなかった。

また茶畑庵の戻り、幕張での仕事の連絡を手伝ってもらった3人のカメラマンにした。
Facebookのメッセージ機能であるスレッドは、共有に役に立つ。
3人のカメラマンとFacebookで繋がっているからこそ出来る事。
このメッセージのやり取りは零時まで続いた。

1時過ぎ、真観は、布団に入った。
YouTubeで「正法眼蔵随聞期」を聴きながら。


[PR]
by helloharuo | 2014-11-27 23:58 | ART & MUSIC
Tuesday 24 June 2014

e0067850_21252080.jpg

e0067850_21244295.jpg

今日も禅寺は禅寺の都合でお休み。
26日まで坐禅会はない。

学校の中間審査の所見を書いた。
昼間部7人x14作品、夜間部2人x2作品。
出来れば一人一人1時間も話せばいいアドバイスが出来ると思う。

1982年3月11日、真観は、名古屋市公会堂でPP&Mのコンサートに行った。その時録った実況録音をCDに焼いた。約1.5時間の長さだった。

1998年2月26日、真観はベネズエラで行われた皆既日食パーティーに行った。その時録った映像をDVD-Rに焼いた。

どちらも知り合いにプレゼントするため。
彼から欲しいとのリクエストに応えるため。

PP&Mのコンサートの音源はすこぶる良く保存されていた。フォークコンサートだったことで音が潰れていなかった。日本人の通訳がPP&Mのメッセージを伝えている。真観の曲に合わせての歌声がアンコールの♬Blowin' in the Windでかすかに聞こえた。真観17歳。どっぷり60'sを追っている頃。

真観は大ざっぱなところも多いが几帳面な人だ。


[PR]
by helloharuo | 2014-06-24 21:52 | ART & MUSIC
Thursday 6 March 2014

e0067850_20293073.jpg

e0067850_20294982.jpg

e0067850_2030784.jpg

e0067850_20302279.jpg

e0067850_20304484.jpg

e0067850_2031051.jpg

e0067850_20311452.jpg

真観は雨が降っていたので車で禅寺に行く。車で行く場合、防寒服は要らず作務衣のままで大丈夫なので楽だ。でもこれはあくまでもイレギュラーとする。

今日も写真の整理に時間を費やした。ごっそりあったアルバムは、真観がカメラマンになる前の時代の写真。アメリカ女性と付き合っていた頃。その彼女とは4年付き合った。東京で一緒に暮らし彼女の故郷であるニューオリンズに90年91年と二回行ったり、タイに行ったり、2ヶ月の世界旅行をしたり、実家に連れて行ったりしてその間にいっぱい2人の写真を撮った。普通であれば元カノの写真などとっくに捨てているだろうが写真家はそういう訳には行かない。男特有の未練もある。しかし、僅かの写真を残して大量に捨てた。淘汰された。気持ちが軽くなった。彼女とはまだ友人としてお付き合いがある真観。真観22歳から26歳のお話。(ネガフィルムは捨てていない。キャイ〜ン!)

夜になり茶畑温泉に行った真観。相変わらずサウナに3回入り減量作戦を続けている。そのサウナでの読書は今夜から禅の本から風水の本に切り替えた。その本に紹介されていることも掃除であったり断捨離であったり整理整頓だったりと改めて読み直して気付くことが多かった。

真観は、茶畑庵にある要らない物をまた徹底的に捨てるつもりでいる。

好きで写真を撮り、それが高じてカメラマンになり時代が経過してその撮り続けた写真を捨てる。写真はお金が掛かる。無駄だったとは思ってもいないがそのお金他のことにも使えたなとちょっぴり後悔し今後の人生における写真の取り扱いを熟考せねばと思う真観だった。

いつか真観は死にその写真は、全て捨てられる。その死は明日かも知れない。
[PR]
by helloharuo | 2014-03-06 23:30 | ART & MUSIC
Friday 28 February 2014

e0067850_20152337.png

e0067850_19352235.jpg

e0067850_19354069.jpg

e0067850_19355362.jpg

e0067850_19361655.jpg

e0067850_19364323.jpg

6時に起きた真観。そしてすぐに茶畑庵で座禅を1炷組んだ。近所の生活の音が窓の外から聞こえてくる。それは仕方ないこと。気になるなら耳栓でもすればいい。茶畑庵坐禅も悪くない。 1炷後読経をする。声は小さめにして読んだ。2炷目は午後にしようと考えた。

真観は今日地元のフォトミュージアムに写真展を見に行くことにしていた。約3ヶ月開催されているその写真展の併催がこの週末に迫っていたからだ。そして真観は念のためにインターネットで閉館時間を調べるとなんと!その写真展の開催が今年の夏まで延長されているではないか。拍子抜けして行く気が無くなってしまった。この写真展に限らずどうしても行きたい!と思わせるような写真展は中々ない。写真展に行くよりもまだまだ自分のライブラリーにある写真集を見直したりした方が良いだろう。大抵の写真集は買って間もなく見るがそのごは放置が多いからだ。見直せば新しい発見があるものだ。

今日は2月末の28日。今年から真観は更に倹約を徹底している。毎月使える予算を決めてその中でやりくりする。当たり前のことだがフリーカメラマンの報酬は不定期に入るし仕事や創作活動に必要不可欠はモノが要りようだと自分で決めたルールは簡単に敗れてしまう。この2月、真観は予算より1万円残すことが出来た。後は小銭が少々。(写真)この小銭のなかで今日のやりくりをするつもりでいたのだが写真展は600円の入場料がいる。先週末ディスカウントスーパーマーケットで1週間分強の食料を買ってあるので食べ物にお金を使う必要はない。写真展行を先延ばしにしたお陰で他のモノを買うことが出来た。

知り合いのカメラマンOさんからメールが届き真観を撮った写真が添付してあった。少し前にOさんからよく写っていると言われていた写真だったのでその写真を確認すると真観ニンマリ。真観は、この写真をFacebookのプロフィール写真に使うことに決めた。写真はカラーだったがモノクロに変換した。そしてその写真をFacebookで公開すると好評を得ていいね!の数が増えて行った。それは喜ばしいことであった。『感謝をしなきゃいけないぞ』と真観は思った。

今日は雨が降っていたが気温は温かくいつもの半纏を着なくても過ごせた。春は近い。半纏は久しぶりに洗濯をした。

母に電話をする。「母の日」は明日だが明日は29日がない。母は、元気だったがここ最近寝れないらしく『今から寝るところだった』と言ったので電話は早々に切り上げた。不安があると寝れないらしいがさて何の不安を抱えているのだろうか?今日はそっとしておいた。

夜9時が過ぎてから茶畑温泉に行った。入浴料300円を残しておいた。今夜もサウナに3回入ると約2時間の温泉タイムはあっという間に過ぎた。サウナ+読書の効果は抜群で目標体重に近づいていることが嬉しく思う真観だった。
[PR]
by helloharuo | 2014-02-28 19:38 | ART & MUSIC
Monday 24 February 2014

e0067850_15382560.jpg

e0067850_15384850.jpg

e0067850_1539315.jpg

e0067850_15391371.jpg

e0067850_15392332.jpg

e0067850_15402816.jpg

真観は、禅寺に行った。いつもの参禅者がいた。坐禅中は個の世界だが読経の時は、みんなでお経を唱える。真観以外は何年も禅寺に通っているベテランたち。お経の読み方も慣れている。ご住職の声も腹から声が出ている感じで素晴らしい。真観の声は基本大きい。それは長所でもあり短所でもある。早朝から声大きくお経を唱える。これ健康に良し。でもまだ腹から出ていない。それとまだお経を間違えることが常だ。真観は、読経が上手くなりたいと工夫を続けている。

真観得意の整理が始まった。今日は、長年ストックしている書類やスクラップ、メール内容のプリントアウト、それに手紙+年賀状を徹底的にチェックし断捨離をした。昨年だったかごっそり手紙+年賀状は捨てたのだが年賀状は4年前の分、2011年からキープしてあった。真観は今年の年賀状を送る際に年賀状を頂いた人に返事としての年賀状を送る様にした。特に理由はなかったが年末までに年賀状を送ることが出来なかったので受け身で済ませた。そして今日年賀状を整理すると以下のデータになった。

4年 22人
3年 23人
2年 19人
1年 多数

4年の人は、真観が今年の年賀状を送らなくても送ってくれた人たち。
これが確実に年賀状をやり取りしている人の数だ。
年賀状の数が多い少ないはともかく昨今年賀状を送らない人が増えている訳だから「縁」を大切にして行きたいと思う真観。しかし年賀状のやり取りだけでお互い会うことのアクションをしていない人が多い。まぁ、会いたくなったら会えばいいのだが年賀状に書く文章を改善見直しをするのも一つの案。真観は、年賀状には自分で撮った写真と共に一言書いているが書き方はとても簡素だ。だからもう少し自分のことを知らせるために文章を長くするのも良いと思う。今年は、例年よりも少し長めに書いた。

横尾忠則さんのドキュメンタリーたまたまYouTubeで見付け観たが興味深かった。とても変わり易い内容だった。横尾さんという人は人間的にも尊敬出来きそうだ。家族、特にお母さんを大事していると初めて知った。このドキュメンタリーオススメです、と真観は言っている。真観が尊敬出来る人は少ない。

本日の日記のタイトル「自分の生理に忠実に動きたい」は横尾さんのドキュメンタリーの中から拝借した。


e0067850_2135469.jpg

e0067850_2141239.jpg

[PR]
by helloharuo | 2014-02-24 23:59 | ART & MUSIC
Saturday 1 February 2014

e0067850_19354260.jpg

即心是仏
「即心是仏/そくしんぜぶつ」とは、ひたすら坐る「只管打坐」をするとき、ここに仏としての自己があらわれ、これこそが仏の当体であり、悟りであるとするものです。

将錯就錯(しょうしゃくじゅしゃく)ヤスリでヤスリを研ぐ様なもの。

<ご住職の言葉>
自分の思いを自分で取り扱うことは出来ない。
自分の思いを何とかしようとしない。
反省するということは過去を見ている。
つかみ様がない、もう終っているから。これを「空」という。
心の力を抜く。→全てが終っているのだから確認のしようがない。
一切全てのものは人の心の外にある。
坐禅は知ることではない。

ハルオは、今朝の座禅会の提唱の時今までとは違った試みをした。それはご住職の言葉をメモすることにしたのだ。提唱は、説法でご住職の話を約40分間どの参禅者もただ聞いているだけだった。問答もない。ハルオもそうしていた。だが提唱のある土曜日に時折参禅する女性がいて彼女はハルオの横にいつも坐る。その女性はハルオの隣にいつも坐る。彼女がメモを取っていたのをハルオは、気づいていた。それを見習ったのだ。そして茶畑庵に戻ってからインターネットでメモした言葉の意味を探る。ハルオにはそれらの言葉の意味は難解だったがメモを取ることは今後も続けていこうと思った。
e0067850_19361966.jpg

e0067850_19363942.jpg

e0067850_1937103.jpg

そしてもう一つ新しい試みは、兼ねてからしたかった複写だ。そのために無反射ガラスを買った。複写は、既に始めていたが無反射ガラスがあるとやはりいい。ハルオは、自分の写真のルーツは複写から始まっているといつも誰かから何故カメラマンになったのか?と聞かれるとそう答えていた。複写した写真はTumblrに投稿している。もっぱら音楽系のソースだ。Tumblrで世界中の誰かが反応してくれることをハルオは、楽しんでいる。この複写用のカメラは、ハルオが2003年に初めて買ったデジタルカメラCanon10DとEF35mm/F2(旧)の組み合わせだ。このCanon10Dを買ってもう11年の歳月が経っている。このカメラをメインで使っている時は2台所有していたが1台は既に売却していた。ハルオは、残っているCanon10Dの新しい使い道が見付けれたことも嬉しく思うのであった。
helloharuo's Coffee-Rock 248 "Rocka Rolla"
e0067850_13261675.jpg

e0067850_13261240.jpg

[PR]
by helloharuo | 2014-02-01 22:56 | ART & MUSIC
Tuesday 21 January 2014

e0067850_21315131.png

今日の坐禅会は、禅寺の都合でお休み。
いつも禅寺から帰って来る時間7:30に起きた。
今日は、1日叔母の作品集の制作をした。
昨年の10月に京都で開催された個展の記念作品集。
叔母とコラボレーションするのは初めてのことで嬉しく思っている。
昨年12月に叔母から依頼を承けてそのまま放置していたので今日はがっつり時間を取って制作した。
夜になってから叔母に電話して、とりあえず試作品を作って送る約束をした。
叔母は急いでいなかったのでこちらの都合で進行出来る。
叔母が喜んでくれる作品集を作ろう!

叔母とは全く関係ないがテレサ・テンは、可愛いな。

[PR]
by helloharuo | 2014-01-21 21:43 | ART & MUSIC
Sunday 8 September 2013

e0067850_21365690.jpg

e0067850_2138391.jpg

e0067850_21383867.jpg

e0067850_21411068.jpg

e0067850_2140846.jpg

e0067850_21415252.jpg

e0067850_2142416.jpg


思い出の歌手のフリーコンサートに行って来た。場所は、西伊豆。茶畑庵からは、約70kmの道のり。有料道路は使わなかった。と言っても往復300円と安いのだが伊豆の昔ながらの街道沿いのお店等を見ながらのドライブが楽しいのでそうした。300円あれば何か買える。フリーコンサートは、夕方の5時から。少し雨が降ろうとしていたが大丈夫だった。観客は、500人以上いたのではないだろうか?1978年のデビュー以来のファンでファーストのレコードをこの30年以上幾度となく聴いている。歌詞も良し、曲も良し、歌声も素晴らしい。20年以上前にアメリカに渡り最近日本に戻って来て活動を再開している。YouTubeで彼女が特集された番組を観た。その中のインタビューでいいことを言っていた。「ヒット曲は、ある意味頭を使って書いていたところがある。もっと自然に、♬みずいろの雨のサビが出て来た様に、あんな自然な気持ちで曲は作るべきだ。これでいいんだろうか?これでいいんだろうか?本当にこれでいいんだろうか?葛藤があった」と。僕は、自分のことの様に理解した。デビューしたのは、二十歳。今は、50代後半。顔は、明らかに変わっていた。メンバー紹介の時にメンバーの名前が出て来なかった。これは、いけません。でも彼女は、素晴らしい!本当に素晴らしい歌手だと思う。フリーコンサートが終わり、真っすぐに茶畑庵に。彼女、Twitterもやっているし、Facebookもページを更新してるのでフォローした。茶畑庵に戻ってからも彼女のレコードを何度も聴いた。これからも聴いていく。どうもありがとう。


[PR]
by helloharuo | 2013-09-08 23:59 | ART & MUSIC
e0067850_18462380.jpg

e0067850_18464985.jpg

e0067850_18471611.jpg

e0067850_18475590.jpg

e0067850_18481830.jpg

e0067850_18492796.jpg

e0067850_18501573.jpg

e0067850_18503919.jpg

e0067850_18511849.jpg

e0067850_18514185.jpg

e0067850_1852362.jpg


心地よい眠りだったと書いていいものかどうか分からないが寝れた。でも4時間くらい。いつもの様に禅寺へ。睡眠時間が少なくても今朝の坐禅は、心地よかった。睡魔が襲って来ないのは嬉しい。今日は、一日音楽を聴いた。久しぶりに一日中「音楽三昧」だった。この三昧という言葉は、仏教語だと最近知った。(〔仏〕 心を一つのものに集中させて、安定した精神状態に入る宗教的な瞑想。また、その境地。三摩地。三摩提。定。正受。等持。)三昧と言ってもレコードを聴きながらレコード整理をしたり料理をしたり、掃除をしたりなのだから「独り三昧」と言った方がいいかもしれない。とにかく楽しかった。レコード整理をすると1枚ジャケットと中身が違うレコードを発見した。ということは、このレコード長年聴いていなかったことになる。確かに。それは、ジョン・メイオールの「革命」だった。ここ最近、レコードの分類をA~Zからデザイン別、レーベル別とかも分けてみた。そしてビニール袋からも外してみた。気分転換と湿気からレコードを守るためだ。それに準備かな。友人からあるプロジェクトを一緒にやらないかと誘われていたが考えた末、辞退することにした。残念だけど仕方ない。静岡生活も当分このまま維持したい。人と何かをやることは本当に慎重になる。やるならとことんやるし、やったからには逃げれないし逃げない。でも大抵の人間は、逃げる。それでまた嫌な思いをする事になる。僕は、1人が一番だと今のところ思う。今のところ?もう50に近い男がね。否否今後考え方が変わるか分からないからね。選挙、自民圧倒的勝利だったね。筋書き通りだね。とても残念だけど。あの人の嬉しそうな顔って。あ〜おめでとさん。今回の選挙で直接投票してねと念を押されたのは日本に住む外国人だったな。日本人は、FB上では活発だったけれど直接は誰も行って来なかった。僕は、反原発派に投票。マイノリティか。マイノリティ多いに結構だ。戦争だけはして欲しくないな。東アジアは、崩壊するぞ。今ギャオで日活の映画が配信されている。今日は、坂本九ちゃんの「上を向いて歩こう」を観た。歌は誰でも知っているが映画があったなんて知らなかった。日活は、エンターテインメント要素が非常に多い映画会社だな。鳴いて笑って、憧れてドンパチ、喧嘩。昨日から日記をこの字詰めの書き方にしてるけど面白いから今日もやってみた。日々、ちょっとした気付きから何かが生まれる。それを信じる。茶畑温泉に行こうと思ったが今日使えるお金を使い切ったので諦めた。300円のことだけどね、ケジメ大切よね。はい、おやすみなさい。



e0067850_1852218.jpg

[PR]
by helloharuo | 2013-07-22 18:53 | ART & MUSIC
e0067850_21321093.jpg

e0067850_21323298.jpg

e0067850_21325584.jpg

e0067850_2133228.jpg


昨夜2時に寝て4時に起こされた。
子供がサッカーの試合をテレビで観ていたから。
しばらくして静かになったのでまた寝たが6時には起きた。

Mと一緒に新宿まで。彼女は仕事。Mが電車の中で知り合いと会った。
「トランジションタウン」という言葉を初めて知る。とても興味がある。しかし僕は、人とは群れないから相手や考えを認め個として参加したい。それは何にしてそうだ。今のところ。

11時前には、茶畑庵到着。
早速寝た。

2時ごろ起きて、Uさんと連絡を取り、秦野にいる陶芸家さんの家を訪ねることに。Uさんは、先に電車で秦野に来ていた。約一年ぶりの再訪である。3時に車で出発して約1時間で着いた。僕は、Bさんの好みの赤ワインとチーズを途中の買い求めた。陶芸家のBさんは、昨年と変わらず元気だった。3人でBさんの手料理を囲み談話を楽しんだ。Bさん宅にテーブルには、やはり既に赤ワインとチーズがあった。

Bさんの猫が死にかけていると聞いた。
その猫の姿は見えなかった。太っていた猫だった。
猫は死に場所を見付けたのだろうか。

7時半まで、なんだか僕の人生相談的な話題にもなったがアドバイスは嬉しかった。他には、ソマリア、ソマリランドの話でカートや海賊の話や、尺八の話等々。。。文化人との会話は楽しい。

Uさんを二宮駅まで送りその後東名に戻り茶畑庵へ。
仕事が残っていたが疲れが酷い。
早々に寝る。
[PR]
by helloharuo | 2013-06-23 21:31 | ART & MUSIC
←menuへ