トランシーな出来事(Synchronicity) #Return to the Source 1997(24 May 2013)

e0067850_10493935.jpg

e0067850_10514430.jpg

e0067850_11235649.jpg


夕方、昨年パーティーで知り合ったHさんからiPhoneにメッセージが届いた。
彼女のことはまだあまり知らないが、僕を昔からパーティーで見かけていたという。
(昔というのは、1990年代後半の頃だ。)

『こんにちは!お元気ですか?以前日本でパーティー関連にいて、派手だったM覚えてますか?
ハルオさんよろしくと言っていました。M・A さんです。よろしくお願いします。
突然のメールすいません。』

昨日、茶畑庵(自宅)の寝室を一階から二階に替えた。今までの寝室は、茶畑庵の部屋の中で一番静かな部屋で気に入っていたのだが、これからの季節湿気が強くなりジメジメする弱点があった。だから思い切って湿気の少ない二階の図書室を寝室と兼用する事にしたのだ。渋谷に住んでいる頃(〜2008)風水に興味を持ち知り合いの風水師に部屋を診てもらったことがある。だから今回も新しい寝室に敷く布団の向きや枕の位置をその風水師の教えに従って決めた。その風水師の教えは、茶畑庵のあちこちに活かされている。

今日は、友人のMちゃんの誕生日でもある。彼女は、1999年に西麻布の路上で出会ったAの友人でAは、出会ってまもなくMちゃんを僕に紹介してくれた。3人で初めて渋谷の駅前で飲んだ時にパーティーの話になった。「Return to the Source」のパーティーの話をした。すると彼女も偶然そのパーティーに行っていた事が判った。そして彼女の誕生日とパーティーの開催日(5月24日)が重なっている事を知った。それ以来、毎年Mちゃんの誕生日が来ると「Return to the Source」のパーティーも同時に思い出した。「Return to the Source」は、1997年5月24日(土)〜25日(日)、現在僕が住む富士山南麓の静岡県裾野市のスキー場にて開催された。このパーティーは、トランスピープルにとっては未だに語り継がれる伝説のパーティーになった。夜通し大雨に見舞われたが人々は踊り続けた。そして朝になると雨は、奇跡的にカラッと止んだ。朝焼けの太陽の輝きは今でも忘れることが出来ない。DJは、凱旋したTSUYOSHIだった。彼のプレイは、神がかっていた。僕は、このパーティーの写真をフィルムに残している。

このパーティーで僕はC&Sのカップルからあるカナダ人を紹介された。その後僕とカナダ人の彼とは、パーティーで何度も顔を合わせた。他にも共通の友人もいて仲良くなった。彼は、随分前に母国カナダに帰ってしまっていたが時々仕事で日本にやって来ていた。

このカナダ人こそがMであり、あの風水師だったのだ。
昨日、部屋替え(風水)でMのことを思い出し、今日Hさんを介してMの知らせを聞く。

続けて夜になって、FacebookにMからグリーティングメッセージが届いた。
僕は、「今日は君と出会った日、「Return to the Source」の日だよ」と伝えた。
すると「Wow - great synchronicity ne!! Good timing!!」と返事が来た。

トランシーな出来事 (Synchronicity)は、
人生の道しるべであり、その先に“光”があると信じる。
[PR]
by helloharuo | 2013-05-24 23:59 | Synchronicity
←menuへ